ダイエットで食事を減らしすぎると良くない理由とは?

ダイエットにおいては、食事制限というのが手っ取り早く、かつ結果も出やすいと言えますね。

ただ、多くの人が犯しがちな過ちとして、「食事を極端に減らす」ということが挙げられます。

確かに食事を減らして摂取カロリーを抑えれば痩せますが、減らしすぎてしまうと逆に太りやすい体質になったり、リバウンドしやすくなってしまったりしまいます。

それは何故なのでしょう?この記事では、食事を減らしすぎるとぜな良くないのかについてご紹介します。

ホメオスタシスによるもの

食事を減らしすぎるとなぜ良くないのかというと、それは体が持っている「ホメオスタシス」の機能が発動してしまうから。

ホメオスタシスというのは「恒常性」とも言い、気温などの外部の変化、そして内部の変化などに対し、体内の環境を一定に保とうとするという、まさに「命を維持する・守る」ために生き物に備わっている非常に重要なはたらきです。

そして、食事を急に減らして体重が急激に減っていくと、体が「生命の危機だ」と感じ、ホメオスタシスを発動させてしまうのです。

そうするとどうなるかと言うと、体が「省エネモード」に入る、つまり消費カロリーを抑えようとするので、痩せにくくなってしまうのです。

筋肉量の減少

食事を減らしすぎると太る理由のもう一つは、栄養不足に陥ることで筋肉量が減ってしまうから。

特に筋肉のもとである肉や魚、卵や豆製品などのタンパク質が不足してしまうと、当然筋肉はどんどん現象してしまいます。

筋肉が減ると基礎代謝が落ちるので、以前だったら燃えていたはずのエネルギーも燃えにくくなり、太りやすい体質になってしまうのです。

炭水化物の減らしすぎでストレスに

最近話題の炭水化物ダイエット。ご飯やパン、麺などの炭水化物を減らすというものですが、これも極端に減らしすぎるのは太るもと。

というのは、炭水化物に含まれる糖質というのは脳のエネルギー源になるからです。

そのエネルギー源が不足してしまうと、頭が働かずに集中力や思考力などが落ちるほか、ストレスも溜まりやすくなり、イライラしてドカ食いしてしまいやすくなります。

炭水化物も減らしすぎは禁物です。「おにぎりダイエット」なども実施しながら、炭水化物を完全に抜かないように、工夫してみましょう。

おにぎりダイエットとは

まとめ

この記事では、食事を減らしすぎるとぜな良くないのかについてご紹介しました。

若い女性は特に「すぐに痩せたい」とばかりに極端な食事制限をしてしまいがちですが、それは間違ったダイエットだと言えますね。

適度に食べ適度に運動するという健康的なダイエットで、綺麗に痩せるように心がけたいですね。