モデル規約


【第1条 用語の定義と規約の適用】
タイムスリップ女子高生(以下、甲とします)は、甲掲載モデル(以下、乙とします)と乙の写真提供に関する規約(以下、本規約とします)を下記のとおりに定め、本規約に基づいてwebサービスその他(以下、本サービス)を提供します。

【第2条 規約の変更】
本規約の変更に関し、以下のとおりに定めます。
(1) 甲は、本規約を必要な範囲で変更することができます。
(2) 変更後の本規約は、ウェブサイト上に掲載されるものとします
(3) 変更後の本規約は、掲載日の翌日(適用開始日を特別に指定する場合はその日)より適用されるものとします
(4) 乙は、本規約の変更に対して、異議を唱えないものとします

【第3条 モデルリリースの要件】
乙として申請するもの(以下、乙申請者とします)は、下記の要件を満たすものとします。
(1)過去編に性的な表現を介する媒体に出演及び参加していた場合、予め乙に告知すること
(2)今後の活動に何ら影響がないこと
(3)インターネットを利用することができる環境が整備されていること

【第4条 モデルリリースの申し込み】
1,乙申請者は、本規約を尊厳することに同意し、本サービスのモデルとして乙に申請することができます。
2,乙申請者は、以下の要件に抵触する場合、申請できないものとします。
(1)暴力団関係その他反社会的団体に所属している場合又は、相当と判断出来る場合
(2)他社の運営するWeb写真集サービスの専属モデルの場合

【第5条 モデルの承諾】
甲は、乙申請者が本規約に定める全ての条件を満たしこれに同意する場合、モデルの可否を判断し当該承諾の通知によって乙の契約を締結するものとします。なお、締結後に以下の事項が発覚した場合、掲載を取り消しとします。
(1)申請の内容に虚偽の事実又は、不正確な情報が含まれる場合
(2)乙が日本国の法令に違反する場合又は、そのおそれがある場合
(3)甲が本サービスを提供するにあたり乙として相応しくないと判断出来る場合

【第6条 写真の使用】
甲は、乙から肖像権・知的財産権の許諾を得た写真(以下、肖像写真とします)に対し、肖像権・知的財産権の使用許諾を含み、著作権に関する全ての権利(著作権法第27条及び第28条)を、所有することとなります。

【第7条 契約期間】
本規約の契約期間は、取り消し不能として本サービスが終了するまで永久的に効力を有します。

【第8条 写真の譲渡】
1,甲は、肖像写真の一部を乙に譲渡することができます。
2,甲は、乙に譲渡した写真が未加工及び未公開の肖像写真であっても、いかなる損害に対して責任を負わないものとします。

【第9条 写真の利用】
1,肖像写真は、甲のウェブサイト上(URL:http://timeslip-jk.com/)または、関連サービスのウェブサイト上で公開されます。
2,肖像写真は、甲のウェブサイト上(URL:http://timeslip-jk.com/)または、関連サービスのウェブサイト上で、自由に加工して利用することができます。
3,乙の肖像写真を乙自身が利用する場合は、商用利用以外一切の制限なく、利用することができます。

【第10条 写真の審査】
1,本サービスに掲載する肖像写真は、甲の審査基準を満たすものとします。
2,審査基準は、原則非公開とします。

【第11条 掲載時期】
写真が本サービスに掲載される時期は、不確定とします。

【第12条 本サービスの収益】
1,本サービスの収益は、甲を運営する者がサーバー等管理費、撮影費、出張交通費、広告宣伝費、人件費その他に利用することができます。
2,本サービスの収益額は、原則非公開とします。

【第13条 禁止事項】
甲は、乙に対して以下の事項に該当する行為又は該当すると判断できる行為を禁止事項とします。
(1)本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(2)本サービスの守秘内容や乙しか知ることができない情報を公開する行為
(3)本サービス及び甲の信用を故意に失墜させる行為
(4)その他当社が不適切と判断する行為

【第14条 写真の削除】
1,甲は、本サービス掲載の写真を乙の承諾なく削除することができます。
2,甲は、乙から写真の削除申請を受けた場合、協議の上対応するものとしますが、原則的に削除することはできません。

【第15条 損害賠償】
1,甲は、乙に対し、本サービスの性質上、モデルとのトラブル等いかなる損害賠償義務を負わないものとします。甲の故意又は重過失が理由で本サービスを停止、中断、中止、する場合も同上とします。
2,甲は、写真の削除、乙の資格停止、抹消、により発生した損害に関して、いかなる損害賠償義務を負わないものとします。
3,甲は、規約に違反する利用者(以下、不正利用者とします)に対して、その他の通知を行います。
4,乙は、不正利用者によって権利を侵害された場合、紛争を解決するために甲が代理人として協議の上申し立てを行うものとします。
5,甲は、乙に対して禁止事項に抵触する行為を含み本規約に反する行為又は、不正若しくは違法な行為によって本サービスの信用を損なうと判断できる場合、被った損害を賠償するものとします。