ダイエットには有酸素運動が無酸素運動よりも効果的なの?

ダイエットの方法というと大きく分けて食事、そして運動がありますね。

そして運動でも、体脂肪が気になる人にとってはやはりウォーキングや水泳などの有酸素運動が痩せそうだと感じる人が多いはずです。

筋トレなどの無酸素運動はそんなに体脂肪を燃やしてくれそうな感じはしないし、どちらかというとマッチョな男性が筋肉をつけるためにやるもの…というイメージですよね。

この記事では、ダイエットの際は有酸素運動が無酸素運動よりも本当に効果的なのかどうかについてまとめました。

有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)の違いは?

そもそも有酸素運動と筋トレなどの無酸素運動の大きな違いというのは、「何をエネルギー源にするか」というところです。

有酸素運動は、体に取り込んだ酸素を使って主に脂肪をエネルギー源とするのに対し、筋トレなどの無酸素運動は筋肉の中に貯めてあるグリコーゲン(糖質)を主なエネルギー源とします。

その点で一般的に「脂肪を減らす、ダイエット目的であれば有酸素運動が良い」と言われることが多くなっています。

無酸素運動にはダイエット効果はないの?

それでは、筋トレなどの無酸素運動にはダイエット効果はないの…?と思うかもしれませんね。

確かに無酸素運動自体は脂肪を燃やす運動ではありません。でも、「筋肉量を増やす」と言う、ダイエットには非常に大事な効果があります。

筋肉量が増えるということは、基礎代謝が上がるということ。
基礎代謝がというのは、何もしていなくても消費するエネルギーのことですから、当然基礎代謝が上がるということは「痩せ体質」になるということになりますね。

効果的なのは無酸素運動と有酸素運動の組み合わせ

それじゃ、本当にダイエットに効果的なのはどちらなの…?という疑問が湧いてきますが、答えは「両方」が正解です。

しかも、順番的には無酸素運動を先に行い、その後有酸素運動をするとより効果が上がると言われています。

これは、筋トレなどの無酸素運動をすることで分泌される「成長ホルモン」にカギがあります。

成長ホルモンはその名の通り子供の身長を伸ばすなどのはたらきもありますが、大人にとっても新陳代謝を活性化させてくれたり、免疫力を上げて病気になりにくい体にしてくれるなどの様々な健康・美容効果があります。

そしてそれだけではなく、成長ホルモンには体脂肪を分解し、燃焼しやすい形にしてくれるというはたらきがあるのです。

ですから、先に筋トレをしておいてその後有酸素運動をすることで、より効率的に脂肪が燃焼してくれるんですよ。

まとめ

ダイエットの際は有酸素運動が無酸素運動よりも効果的なのかどうかについてまとめました。

どちらも違った作用でダイエットに効きますので、両方を組み合わせることでより効果がアップするのですね。

毎日の軽い筋トレとウォーキングを組み合わせて継続していくことで、ダイエット効果が期待できます。是非、試してみて下さいね。